CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< かすべ料理 | main | ネチケット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
戦場のピアニスト
戦場のピアニスト
戦場のピアニスト

ポーランドのユダヤ人ピアニスト、シュピルマンの話。
ドイツのユダヤ人迫害。ユダヤ人を強制的に集めた街「ゲットー」には外の街と隔てるために壁を築き、ユダヤ人たちは食べるものも満足にない生活を余儀なくされる。
道には餓死体が転がり、ドイツ兵による惨殺を目のあたりにする日々。
シュピルマンは生き抜こうとしますが…。

観た後は感動もなにもなく心にポッカリ穴があいてしまったカンジでした。
ピアニストの話だけどピアノを弾いている場面は少しだけ。ドイツ兵の残酷さと戦争・迫害の中で生き抜く大変さ(こんな言葉よりもっと大変なんだろうけど)を観ていただけ。
爆音・瓦礫の街・死体・銃声・悲痛の叫び…そんなのの繰り返しでした。
この虚無感…「戦争は何も生みださない」と痛感する作品でした。
…ホント、戦争なんてやめて下さい。今すぐに。
| 観る・読む | 09:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
DVDにて 戦場のピアニスト(原題:THE PIANIST)
ロマン・ポランスキー監督作品 戦場のピアニストを観ました。 まずこの作品を知らない方にはお伝えしておいた方がいいでしょう。この作品は実際起こったことを基に描かれた真実の映画であることを。 カンヌ映画祭やアカデミー賞で賞を受賞した作品ということで借りて
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2004/08/15 11:13 PM |